So-net無料ブログ作成

ダリ展 [美術館]

ダリ展

 日本では過去最大規模となる
 ダリ展が開催された。

 詳細は公式ホームページへ http://salvador-dali.jp/


 1 オーケストラの皮を持った3人の若いシュルレアリストの女たち   
    (サルバドール・ダリ 1936年)   
 o-kesutorano kawawo.png



 2 見えない人物たちのいるシュルレアリスム的構成
    (サルバドール・ダリ 1936年) 
 mienai jinnbutu.jpg 



 3 奇妙なものたち (サルバドール・ダリ 1935年頃)
 kimyouna monotachi.jpg



 4 ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌 (サルバドール・ダリ 1945年)
 uraniumu to.jpg



 5 素早く動いている静物(サルバドール・ダリ 1956年頃)
 subayaku ugoiteiru seibutu.jpg






 日付 2016年11月12日(土)
 場所 国立新美術館 (六本木)
 時間 10時~11時30分頃

〈会場の雰囲気〉
 ・会場入って正面に「DARI展」の文字が黒の壁に映し出されている。
  年代ごと8つのチャプターに分かれている。

 ・展示のほとんど(書籍除く)がダリの作品。

 ・通路は広く取られているが、
  作品が小さいもの(特に音声ガイド付きの絵画)の前はいっそう混雑している。

 ・また、映像前の通路は人の流れが悪い
 (1回の上映が長い、映像スペースが狭い)。
 
 ・前半はとても混雑しているが、後半になるにつれだんだん人の流れがスムーズになる。

 ・朝早くから多くの人の来場があった。


〈見学者の様子〉
 ・男:女=3:7。

 ・多くは20代~60代の男女。
  カップル、夫婦、女性グループ(40代~60代に多い)
  
 ・女性は友達同士、夫婦で来ている人が多い
  子供連れはいない。

 ・解説をじっくり読む人が多い。

 ・音声ガイドは男女ともに利用している。



〈土産物コーナーの状況〉 
 ・ポストカードは、入荷待ちの商品が発生するなど、非常に人気が高い。
  一人あたりの購入枚数は3~5枚。

 ・図録がよく手に取られていたし、売れていた。

 ・Tシャツ、トートバッグのバリエーション展開が豊富。
  デザインも良い。

 ・ジグソーパズルなども展開。大小3種類ずつほど。

 ・お菓子の展開は多くはない。
  (クッキー、チョコレートなど)


〈この展示会で感じたこと〉
 ・開館直後から多くの人で賑わっており
  ダリの人気と、この展示への期待度の高さがうかがえた。

 ・シュールレアリスムという表現はとても面白い。
  普段の生活では触れることのない表現なので、刺激になる。

 ・パッと見たときのビジュアルや色彩が面白いので
  深く考えなくても楽しむ事ができる。
  一方で、「この作品はどういう事を考えて描かれたものなのだろうか」
  と、背景を知りたくなるような魅力がある。

 ・時代の流れを素直に受け止め、表現に活かす柔軟さがダリにはあったように思う。

 ・ポストカードの色彩が大きくいじられていて
  印象が大きく違っている物があった。
  やはり生で実物を見た方が良いと感じた。


〈背景〉
 ・ 会期   2016年9月14日(水)~12月12日(月)
         休館日 毎週火曜日

 ・時間   午前10時~午後6時 毎週金曜日 、
        11/19(土)、11/26(土)、12/3(土)、12/10(土) は午後8時まで
        ※ただし、10月21日(金)、10月22日(土)は午後10時まで
        (入場は閉館の30分前まで)

 ・会場   国立新美術館 企画展示室1E

 ・主催   国立新美術館
        ガラ=サルバドール・ダリ財団
        サルバドール・ダリ美術館
        国立ソフィア王妃芸術センター
        読売新聞社
        日本テレビ放送網
        BS日テレ

 ・共催   ぴあ、WOWOW

 ・後援   スペイン大使館、TOKYO FM

 ・協力   日本貨物航空 日本航空

 ・特別協賛 キヤノン

 ・協賛   花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷
        大和ハウス工業、トヨタ自動車
         みずほ銀行、三井物産



〈編集後記〉

※本「楽園のカンヴァス 原田マハ著」についてのネタバレを含みます。

楽園のカンヴァス読了しました。
「もっと読んでいたかった、続きが気になる・・・」
アンリ・ルソーが描いたとされる絵画の真贋を見極めるために呼び寄せられた二人の専門家は、
自分の置かれた状況と絵画との間で揺れ動いていく。

真贋を見極めるキーとなる物語の中には、
ルソーと絵のモデルとなったヤドヴィガ、ピカソなどが登場し、
読み進める度に私自身もその世界へのめり込んでいくようであった。
真贋を見極める際にはティム・ブラウンの視点で描かれているが、
ぜひ女性主人公の織絵視点でも読んでみたい。

この本の中で一番心に残った織絵の言葉
「この絵には熱意がある、それだけです」
アンリ・ルソーについて数々の論文を出している織絵が、
真贋の講評の際言った台詞ですが、
講評の放棄とも取れるこのシンプルな言葉を
どんな気持ちで言ったのでしょうか。

私は美術展で絵を見る際、
あまり難しいことは考えず
パッと見た時の印象で鑑賞することが多いです。
せいぜい少しの世界史の知識と、作品の解説を読んで作品に思いを巡らせるくらい。
しかしこのブログで美術レポートを上げるようになってから、
美術展全体を客観的に比較できるようになるにつれ、
知識をもう少し増やして、
絵画に対する理解を深めたいと思うようになってきました。

織絵ほどの知識はないにしても、
近い景色を見られたら素敵ですね。


ゴッホとゴーギャン展 [美術館]

ゴッホとゴーギャン展
 

美術館の良いところは、寒い冬でも暖かい場所で芸術に触れられるところだと思います。

 今回はゴッホとゴーギャン展に行って来ました。
 奇跡の出会いを果たした二人。
 互いへもたらした影響とは・・・

 
 1 収穫(フィンセント・ファン・ゴッホ 1888年6月)  
gohho shuukaku.jpg



 2 タマネギの皿のある静物画(フィンセント・ファン・ゴッホ 1899年1月初め) 29474773_59206.jpg



 3 ジョゼフ・ルーランの肖像(フィンセント・ファン・ゴッホ 1889年2~3月) 201112_Postman-G.jpg



 4 ブルターニュの少年の水浴(ポール・ゴーギャン 1886年7-8月初め) gauguin_jeunesbrretonsaubain-web.jpg



 5 アリスカンの並木路(ポール・ゴーギャン 1888年10月末) gauguin.png




 6 肘掛け椅子のひまわり(ポール・ゴーギャン 1901年)
d.jpg




日付 2016年11月13日(日)
場所 東京都美術館 (上野)
時間 13時~14時30分頃


〈会場の雰囲気〉

 ・オレンジがかった照明で、暗め。

 ・5つの章に分かれている。
  それぞれが近代画家として活躍する1章
  仲間から刺激を受け、ゴッホが急速にタッチを変える2章
  ゴッホとゴーギャンの共同生活が実り、お互いへの影響が窺うことができる3章
  共同生活後の4章
  ゴーギャンが晩年タヒチに移り住み、絵を描く5章

  ・展示の最後は、ゴーギャンの”ひまわり”の絵。
  ひまわりは、ゴッホがゴーギャンをアルルの「黄色い家」に迎えた際に
  飾られていたものと同じモチーフである。

 ・映像の展示もあったが、映像のスペースが広く取られていて
  1回3分程度の上映だったので人の流れはスムーズだった。

 ・展示の前半は混雑しているが、3章以降は人が均一に流れていたと思う。
  フロア移動があると人が流れやすいのかもしれない。
  音声ガイドがついた絵画の前は、どうしてもつまり気味になる。


〈見学者の様子〉

 ・多くは20代~60代の男女。
  大学生、50代の女性グループ、子供連れの夫婦と祖父母が目立つ。

 ・男:女=3:7。

 ・一人で来ている人は、いなかった。

 ・50代~60代の女性は特に、途中の椅子で休憩する姿が多く見られる。

 ・がやがやとしゃべり声も目立つ。
  リラックスした様子で鑑賞している。


〈土産物コーナーの状況〉

 ・ポストカードは、一人あたりの購入枚数は1~3枚。

 ・図録はよく手に取られていた。

 ・滞在時間は5分程度。

 ・買うのは女性、子供。

 ・クッキーなどのお菓子はあまり売れていなかった


〈この展示会で感じたこと〉

 ・それぞれの章において、
  いろいろな画家から影響を受けたゴッホの画風は大きく変わっている。
  特に印象派からの影響が大きい。
  ゴッホの表現の探求が窺える。

 ・一方で、ゴーギャンの想像で描くような画風を見て、
  より現実的なモチーフを好んだ面があったことが
  作品を見ていてわかり、面白かった。

 ・ゴーギャンは共同生活中の作品においてゴッホの影響はあまり見られないが、
  4章~5章にかけてのゴッホの影響は大きい。
  象徴主義の側面が濃く出ている。

 ・展示の最後の作品の”ひまわり”には、
  ゴッホを偲ぶ気持ちがあったのだろうか。

 ・作品をみて純粋に楽しむこともできるし、
  人物の背景に焦点をあてて楽しむこともできる。
  また、若い世代から年配の世代まで幅広く集めることができた展示だと感じた。



〈背景〉

 ・会場   東京都美術館 企画展示室

 ・会期   2016年10月8日(土)~12月18日(日)
        開室時間9:30~17:30
        (金曜日、10月22日(土)、11月2日(水)、11月3日(木)、
        11月5日(土)は20:00まで)
       
        ※入室は閉室の30分前まで休室日月曜日、10月11日(火)
        ※ただし10月10日(月・祝)は開室

 ・主催   東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
        東京新聞、TBS

 ・後援   オランダ王国大使館、TBSラジオ、BS-TBS

 ・協賛   三井住友銀行、日本写真印刷、三井物産、
        損保ジャパン日本興亜

  ・協力   エールフランス航空/KLMオランダ航空、
        日本航空、オランダ政府観光局


  詳細は公式HPへ ↓
  http://www.g-g2016.com/