So-net無料ブログ作成

バベルの塔展 [美術館]

バベルの塔展~16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ― ~

 ブリューゲルの最高傑作が24年ぶりの来日を果たしました。
 

 1 バベルの塔(ピーテル・ブリューゲル1世 1568年頃)
バベルの塔.jpg
 

 2 野ウサギ狩り(ピーテル・ブリューゲル1世 1560年)
野ウサギ狩り.jpg  


 3 大きな魚は小さな魚を食う
  (ピーテル・ブリューゲル1世/彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン1557年)
大きな魚は小さな魚を食う.jpg 


 4 聖アントニウスの誘惑
  (ピーテル・ブリューゲル1世/彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン1556年)
聖アントニウスの誘惑.jpg


 5 聖カタリナ(枝葉の刺繍の画家 1500年頃)
聖カタリナ.jpg


 6 聖母子奏楽天使たち
  (ヤーコプ・コルネリスゾーン・ファン・オーストザーネン 1510-1520年)
聖母子と奏楽天使たち.jpg


 7 「バベルの塔」スケールイメージパネル
   (東京タワーとスカイツリーで比較)
バベルの塔スケールイメージパネル.jpg




日付 2017年6月18日(日)
場所 東京都美術館 (上野)
時間 15時35分~17時30分頃


〈会場の雰囲気〉
 ・チケット売り場は5分くらい並んだ。
  入場までに10分ほど並んだ。

 ・会場はなんとなく、円を描くような周り方になっている。
  (テーマのバベルの塔をイメージしている為?)

・通路が広くもうけられていて、人が大勢押し寄せていても
  なんとか見ることができる。
 人の流れがうまくできていた。

・混雑するビデオ上映スペースが終盤の広い空間にあったのがよかった。

・目玉である「バベルの塔」の絵も5分ほど並んだ。
 絵の前を通過しながら鑑賞する。

・計89点が展示されていた。
 オーク材の置物なども数点あった。
 入ってすぐの所では壁にプロジェクションマッピングで
 今回の展示の簡単な説明がされていた。
  
 ・暗めの照明。

 ・章ごとの説明文がいつもよりシンプル。



〈見学者の様子〉
 ・20代~70代の男女。

 ・男:女=1:1。

 ・親子連れ、若い夫婦、大学生くらいのカップルが目立つ。
  親子連れは、中学生以上の子供連れが多い。
  一人で来ている人はあまりいなかった。

 ・普段美術にふれないような人も来ている。

 ・音声ガイドを使っていいるのは全体の1割くらい。
  若い女性や中年以上の男性が多かった。



〈土産物コーナーの状況〉
 ・ポストカードはよく手に取られていたが、
 他の展示に比べ、購入枚数は少ない気がする。

 ・図録やクリアファイルが手に取られよく売れていた。

 ・タオルハンカチやバンダナなどは男性がよく手に取っていた。

 ・他にはお菓子やTシャツ、ノートなどの実用的なものから
  ジグソーパズルなどの展開もあった。

 ・アクセサリーの展開はなかった。

 ・個人的には、怪物エッグスタンドが可愛かった。



〈この展示会で感じたこと〉
 ・日曜の遅い時間で、雨の降る日曜に行ったのに
  人で溢れていてびっくりした。
  鑑賞するにもじっくり見ようとすると鈍足になる。

 ・3DCGで解説するブリューゲルの「バベルの塔」の絵は面白かった。

 ・前半は作者不明の作品が多いく、宗教画で同じ題材のものが多い。
  中盤はヒエロニムス・ボスの絵画と
  ブリューゲルはそのリバイバルが流行った時の作品を多く紹介している。
  空想画であるけれども時代を風刺するブリューゲルの作品は良いと思った。
 
 ・ずいぶん前から上野駅ナカで「バベルの塔展」とコラボした商品が売られ、
  展示の宣伝もしていた。
  上野駅を利用する人は絶対展示のことを知られたと思う。

 ・東京都美術館が「親子割引き」や「シルバーデイ」などの割引きの日を実施している。
  展示が賑わっている理由の一つではないか。



〈背景〉
 ・会期:2017年4月18日(火)~7月2日 (日)

 ・会場:東京都美術館 企画展示室

 ・時間:9:30~17:30、金曜日は20:00まで(入室は閉室の30分前まで)
      休室日 月曜日(ただし5月1日は開室)

 ・主催:東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
      朝日新聞社、TBS、BS朝日

 ・後援:オランダ王国大使館、オランダ政府観光局、
      ベルギー・フランダース政府観光局

 ・協賛:ダイキン工業、大日本印刷、トヨタ自動車、みずほ銀行、
      三井物産、損保ジャパン日本興亜

 ・特別協力:東京藝術大学COI拠点

 ・協力:KLMオランダ航空、日本貨物航空


詳細は公式サイトへ!
http://babel2017.jp