So-net無料ブログ作成
ファッション情報 ブログトップ
- | 次の10件

今月のファッション情報 2017SS [ファッション情報]

2017春夏カラー【ファッション情報


寒暖の変化が大きかった今年の冬もいよいよ終盤。
そろそろ次の季節の傾向もチェックしておかねば…
という訳で今月はファッション情報をお届けする。

緑を始めとした自然をイメージする色が多いのが2017のトレンドカラーの特徴だ。


インターカラー(国際流行色委員会)の選定に始まり、
パントーン社から発信されるその年の世界の流行色。
まず注目したいのは、パントーン社が発表した今年のトレンドカラー【緑】。

20170100.jpg

加えて春夏のトレンドカラートップ10。

201701.jpg

primrose yellow (サクラソウ)、
pale dogwood (ハナミズキ)、
hazelnut …自然を想起させる、優しい色がそろう。

男女を問わず人気があるlapis blueは注目度が高く、これから一気にブレイクしそうな予感だ。




ランウェイでは、ワントーンで美しくまとめるスタイルに対して、
ライトカラー同士のコーディネートによる奇をてらった着こなしも面白い。

runway-03.jpg

runway-02.jpg


春夏の定番といえば忘れてはいけないのが花柄
写実的かつ落ち着いた印象が多かったボタニカルから変化して、
咲き誇る花々で包み込むような、明るく瑞々しいムード。
季節を感じさせる満開のランウェイはまさに花園。

runway-01.jpg


まだまだ桜の蕾は固い季節だが、一足先の春をお届けした。それではまた。





〈編集後記〉
※本「新月譚 貫井徳郎著」についてのネタバレを含みます。

「新月譚」読了しました。
単行本で600ページ近かったにも関わらず、最初から最後まで一気に読んでしまいました。
この小説を書いたのが男性であることを度々忘れてしまいます。


元小説家、咲良怜花の元を訪れたのは、若い男性編集者。
咲良の小説のファンであった彼は、
彼女が人気絶頂の最中に筆を折った理由を聞くことに成功する。
それは誰にも語ったことの無い彼女の半生の物語だった。

21歳の咲良、本名後藤和子は転職先の若い社長、木之内と恋仲になる。
彼の浮気性に苦しめられるが、そのことを除けば素敵な恋人である彼を受け入れようと務める和子。
容姿に対する強い劣等感から、コンプレックスだった顔の大きな黒子を除去することで少し自信を取り戻す。しかし、木之内とのことを相談していた高校の友人、季子が裏切り木之内と結婚。
和子は荒れ、新しい人間に生まれ変わろうと顔を丸ごと整形し、
誰もが振り向く容姿を手に入れた・・・

顔を丸ごと変えてしまったために、整形前でも後でも自分を受け入れてくれた木之内は一層特別な存在になり、和子は執着を深めますが、
その内なる執着に対して和子がしばらく経ってから気づいたことが面白いです。
趣味で始めた小説が新人賞をとったことがきっかけで二人は再会しました。
「咲良怜花」のペンネームを考えたのは木之内ですが、
命名された時、和子は木之内のことを本当に諦められなくなったのでしょう。

しかし、和子でも怜花でも選んだ人は一緒でした。
容姿は勇気があれば変えられるけれども、心や性格はなかなか変えることができないようです。
彼女は彼によって苦しめられましたが、その苦しみ悲しみを糧に小説家として人気を博することになりました。
彼女にとって名声は彼の興味を引くものでしかありませんでしたが、
世間に名を残したことは怜花にとって大きな意味になったと思いたいです。


見た目が変われば当然似合う服も変わってくるので、
和子は今まで来たことのなかった大胆な服も楽しんで着こなしていました。

ただ、ファッションを楽しむキーとなるのはコーディネイトです。
流行をおさえつつ上手に着回して、自分に似合うものを見つけていきたいですね。




今月のピックアップ [ファッション情報]

今回はサンライズインターナショナルが取り扱う
ジュエリーを数点ですが紹介します。


1. RUBY & DIAMOND

ruby-ブログ用 PU 2.gif

WG-r-d-RG-×3.png

 
草木の奥深く、魅惑的な赤が人を誘う・・・
ルビーは情熱的でエネルギッシュな印象を与える宝石。 
秋ならボルドーやマスタードカラーとの相性が抜群で、
特に同じ色でトーンを変えた組み合わせは、人よりも一歩進んだコーディネイト。
冬なら今期はやりのベルベットやファーのコートはいかがですか?
袖から覗く指先の赤が華を添えます。



2. DIAMOND

D-ブログ用 11月PU.ai-2.gif

WG-d-RG-×2 BL-d-×1.png


落ち葉に咲くダイヤモンド・・・ 
ただネックレスを身につけただけでは、少し味気ない。
胸元の開いたワンピースにストールを一重に巻き
交差した所にブローチをあしらって。
ブローチとストールの下から少し覗くネックレスで、気品ある装いに。
さて、指・耳はどうやって演出しましょう?



3. Rose Cut DIAMOND

roseD-ブログ用 11月PU.ai 2.gif

WG-ローズカットd-RG-×2 -d-PN×1.png


甘やかなローズカットの輝きに触れて・・・
ブリリアントカットに比べ、柔らかな雰囲気を纏うローズカットは
質の良いダイヤだからこそ成り立ちます。
ニットのタートルネックの上に着けて、リラックスした印象に。
リングと組み合わせるネイルは、
ヌーディーピンクも好いけれど、ネイビーでもキリッと引き締まります。



4. AMBER WATCH

琥珀時計11月小.jpg

色とりどりに輝く琥珀 ずっと触れていたい・・・
癒やし効果があると言われる琥珀。
着け心地軽くさらりとしていて、カラーバリエーションも豊富です。
時計という役割に縛られず、ブレスレット感覚で着けられることから、
オールシーズン楽しめるファッションアイテムとなっています。
文字盤の周りにあしらわれた、鼈甲がいいカンジ。




寒い季節もジュエリーを身に着けて
外へ積極的に出かけたいですね。

ファッション情報 2016年秋の注目 [ファッション情報]

今月はファッション情報をお届けする。



いよいよ秋シーズンを迎え、
ブティックや百貨店は流行色の
ボルドーとマスタードカラーを中心とした秋物がずらりと並んでいる。

そして今年のファッションのキーワードとして見逃せないのが
「スポンテニアス(自発的な)」
旧来のルールに囚われず、自由なコーディネートを楽しむということ。

SNSを始めとして、
ボーダーレスな世界に向けて自分自身のファッションを発信するという潮流をまさに表しているこの言葉が、業界を動かすキーワードとして浮上した。


さて、そんな2016年の秋冬ファッションについて、
今回取り上げるのは
「オーバーシルエット」について。

身体のラインが見えないファッションの傾向は、近年徐々に浸透してきている。

例えば今年の春夏は「ガウチョ」「スカーチョ」が大流行。
こちらは使い勝手のよさと体型カバーを武器に、
幅広い年代に浸透した。
また、トップスもゆったりとしたフォルムやフレア袖が主流となった。

1.jpg
 






では世界のランウェイを見てみよう。

彼女たちが着こなす大胆なファッションは、私たちに新鮮な驚きを与えてくれる。
オーバーシルエットの流行は今までいわれてきた着こなし術からすれば型破りだが、
だからこそ斬新でエネルギッシュだ。

あえてのビッグサイズをまとい、
コートを肩から落とすことで
従来のファッションでは見られなかったシルエットが生まれた。

下向きにずるりと落ちるジャケットの中から見せる女性らしさも多彩になる。
また、それ一枚でも完成しそうなワンピースサイズに更に加えるレイヤードも多く見られ、
とても挑戦的だ。
全身のラインをぼかし、たっぷりの袖で指先まで隠すことで見えないことが面白いとすら感じる。



2mini2.jpg

アンバランスさを楽しめと言わんばかりの大胆さ。
時にユーモアを感じさせるバランス感へのアプローチは見る人を飽きさせない。

私たちの身近にあるファッションは、

ウエストラインを軸にして、
上半身と下半身のバランスを考えて・・・

というように、基本の枠の中で無難にまとめてるものが主だった。


けれど、最近の流行はそんな型にはまった形から抜け出して、
もっと自由に楽しもう、遊ぼうと
言っているようだ。

- | 次の10件 ファッション情報 ブログトップ