So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今月のピックアップ 【Munsteiner】 [ファッション情報]

今月のピックアップ 【Munsteiner】


今回ご紹介するのは・・・
世界が驚愕した芸術的なカッティングをもつ
“ムンシュタイナー”です!!!

ドイツの卓越した研磨技術のマイスターを超える
“クンストラー”の称号を得た
ベルント・ムンシュタイナー氏が開発した芸術的カッティングです。
Bernd.jpg



コンセプトは
大自然の中で育まれた宝石の持つ輝きと美しさを
最大限に引き出す“石と対話していく”
宝石の表面にはあまりカットを施さず裏面に大胆なカットを(エグリ・キザミ)
施すことで鏡面効果を生み出します。
裏から見ると一見して非常にシンプルですが、
表から見るとそれはそれは美しい表情をみせます。
光の屈折を計算したうえで石の持つ特徴を考慮しながらカットしていくので
卓越した技術とセンスが必要です。

カット前のアクアマリン小.jpg
カット前のアクアマリン

ルース画像.jpg
カット後のルース

アトリエ仕事風景小.jpg
ムンシュタイナー工房仕事風景

dp-munsteiner-wheel.jpg
ベルント・ムンシュタイナー氏


同じ作品は基本的には作られません。一部の通販を除いて唯一無二のカットです。
(通販用は原石の数が揃う物だけを量産している。1点物とは原石のクオリティが異なる。)
光を反射させる技をカットにこめるには
透明度の高い原石でなければ効果が発揮出来ません。
だからムンシュタイナーは、特に原石選びに厳しいのです。


ドンペドロ小.jpg
上はムンシュタイナーの最も有名な作品
“ドン・ペドロ”
高さ35cm、10.363ctの大きさを誇る巨大なアクアマリンの作品です。
しかし元々の原石はこの10倍あったというから驚きです。
なるべく原石を削らないようにカットする潮流に逆らった追究は後に認められ
ムンシュタイナー・カットが世に知られるきっかけとなった作品になります。
現在はアメリカ・ワシントンDCのスミソニアン博物館に寄贈されています。


Portrait%20Tom.jpg

origamicut.jpg

現在、ドイツのムンシュタイナー工房は
息子のトム・ムンシュタイナー氏に引き継がれ
ムンシュタイナー・カットはさらなる進化を遂げています。
特に“折り紙カット”はその名前から察する通り
日本の為に開発されたカッティングです。

芸術を身に着ける・・・なんてステキなんでしょうか。
ファッションも秋物にチェンジし始めたこの季節に
ぜひ、“ムンシタイナー”を。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。