So-net無料ブログ作成

2019年度ユーラシアグループ10大リスク [ニュース]

2019年度ユーラシアグループ10大リスク


2019年は10のうち半分が米国に関するリスクでトランプが率いる米国の動向が
引き続き世界情勢の行方に大きな影響を与えるとした

 1.地政学的な危機を誘発する”悪い種”
 2,米中関係
 3,サイバー抗争のの激化 抑止力が効かない問題も露呈
 4,欧州のポピュリズム
 5,米国内政治 トランプ大統領の不正追及で混乱
 6,イノベーションの冬
 7,意志なき連合
 8,メキシコ  左派の新政権の経済政策に懸念
 9,ウクライナ  ロシアとの外交、軍事的の緊張
10,ナイジェリア  大統領選(2月)の結果次第で混乱も

1位は、地政学上の”悪い種”が何年か先に実を結ぶと予測した
     悪い種の例としては、トランプ大統領の就任以降、民主主義の機能が
     弱体化しつつある米国の政治制度、欧州連合懐疑論が強まる欧州、
     米国を中心とした同盟関係の弱体化、各国に広まるポピュリズム、
     ナシュナリズムなどとした

2位は、米中関係  米中貿易摩擦の解決の見通しがたたず、テクノロジーや経済、
     安全保障の分野でさらなる緊張が高まると分析
     米中はいずれも軍事的衝突は望んでいないが,アクシデントをきっかけに
     本格的な外交危機に発展する恐れがあるとした

3位は、サイバー抗争の激化  外国からのサイバー攻撃に攻撃的手段で対抗する
     空間での抗争を激化させかねないと危惧している

意志なく連合は、自由主義秩序を望まないサウジアラビアのムハンマルド皇太子や
トルコのエルドアン大統領らがトランプ大統領と組む可能性、欧州ではポピュリスト
の影響力がさらに強まるとみる。 
と言った具合で世界中の地政学的事象のほとんどが悪い方向に向かっているとした。



〈編集後記〉

新しい年が始まりました!
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

昨年は自然災害の影響によってあらゆる分野に影響がでました。
いろんな方からお話をうかがってみても、良い影響は聞きませんね・・・
そういった予想できない事態にも対応できるように、
準備をしておくのが大事ですね。
災害用の荷物をまとめよう、まとめようと思いながら年を越してしまったので
今年こそは備えておこうと思います 笑

また、今年は目標の1つに読書をあげました。
月に1冊は新しいタイプの本を読もう!!
今までは小説だったらホラーやミステリー、たまにエッセイ
みたいなかんじでした。
小説も違う作家さんの作品を読んだり
あるいは全く違うジャンルの本を取り入れていきたいです。
読書も月によって読むペースにムラがありましたが
意識して読書の時間を作ろうと思ってます。
ブログの編集後記にも、たまに感想を載せられたらいいなー。

1日の時間を大切に・・・
今年もよろしくお願いいたします!!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。